Kinsei R&D | Takayuki FUJIMOTO Works

PROFILE

Kinsei R&D

一般社団法人、Art Work Research and Development

kinsei

藤本 隆行 a.k.a. Kinsei(Kinsei R&D ディレクター、照明デザイナー)

1987年からダムタイプに参加し、主に照明並びにテクニカル・マネージメントを担当する。21世紀に入ってからは、ダンスカンパニー Monochrome Circusとのコラボレーション「Refined Colors」「lost」、音楽家の内橋和久+シンガーのUAとのインスタレーションコンサート「path」などで、LED照明を使った作品の制作を開始。 07年には白井剛・川口隆夫・真鍋大度を含む9名のアーティストと共に、多方面に渡る「脳」に関する考察をもとに、LED照明を含めたデジタル・ディバイス間と身体の同期に焦点を当てた有機的な舞台作品「true/本当のこと」を製作。 09年から10年にかけては、その舞台装置を応用したインスタレーション作品「Time Lapse Plant」を発表。最近の舞台作品としては、「Node/砂漠の老人」と「赤を見る/Seeing Red」がある。
また、Daniel Yeung(香港)、 Ea Sola(フランス/べトナム)、Choy Ka Fai(シンガポール)、Daniel Kok(シンガポール)、Maxine Heppne(カナダ)、Ervi Sirén(フィンランド)、Arco Renz(ベルギー)、川口隆夫(日本)、鈴木ユキオ(日本)、ELEVEN PLAY(日本)等の国内外のアーティストとのコラボレーションも活発に行い、10年からは大阪の山本能楽堂にて、古典的な能の演目にLED照明デザインを付ける試みも始めているほか、11年から14年までは、毎年横浜で開催されている「スマートイルミネーション」で、遠隔同期をとったLED照明で、省電力かつ効果的な夜景の創出を試みている。
その仕事は,デジタル技術を積極的に舞台や美術作品に援用することで,身体とテクノロジーが確かな相互作用を結び、より解像度と強度の高い経験を観客に提示することをめざしている。

ALL ACTIVITIES LIST