Kinsei R&D | Takayuki FUJIMOTO Works

path

Concert directed by Takayuki Fujimoto / 2005

ABSTRACT

LED照明のデジタル・ディバイスとしての可能性を軸に、舞台上のミュージシャンが、音響のみならず照明や映像のアウトプットまでを、公演中に自在にコントロールできるシステムを開発し、空間全体が即興的/有機的に変化していくコンサートを現出させた2日間。
500人以上が集まる上演空間の中央(床と天井部)にインスタレーションが設けられ、23本のスピーカーと80個以上のLED照明、天井スクリーンのプロジェクションを設置。独自に開発した視覚的インターフェイスパレットによって音の空間構成を6トラック分自由自在にプリセットでき、インタラクティブにそれらのメディアを演奏やヴォイスパフォーマンスに組み合わせ、連動させることができる。その音のデータはマスターコンピューターで解析され、照明と映像を担当する各コンピューター上で動く専用のアプリケーションに、それぞれに最適化された情報として刻々と送信される。
コンピューター・マシンパワーの飛躍的な向上で、各アウトプットまでの時間は、人間の感覚ではほとんど無きに等しいくらいまで縮められ、会場全体はまるで有機的なつながりを持った一個の生物のように変化していく。
即興的に生み出される空間の視覚表現と音の響宴は、空間全体が楽器で演奏されているかのように、アブストラクトな変容を生み出した。
なお本作は、「第9回メディア芸術祭アート部門審査委員会推薦作品」に選ばれ、09年秋の[文化庁メディア芸術祭ウィーン展2009]と[文化庁メディア芸術祭浜松展]にて記録映像が上演された。


PRODUCTION MEMBERS

Music, Played by
Kazuhisa Uchihashi, UA
Concept / Space Design / Lighting Design
Takayuki Fujimoto
Video Design
Masahiko Furukata(dag)
Interaction Design
Daito Manabe

Technical support
Color Kinetics Japan Incorporated, TamaTechLab.

DATES

July 2-3, 2005
Yamagichi Center for Arts and Media[YCAM] Studio A, Yamagichi, Japan