Kinsei R&D | Fujimoto Takayuki Works

できちゃった境界線/Boundary line you’ve made

Installation directed by Fujimoto Takayuki / 2015

OVERVIEW

 街中の公衆トイレを使って現代美術を展示するという展覧会「おおいたトイレンナーレ」の依頼を受けて制作された作品。
 展示場所として選んだのは、大分コンパルホールという市の複合施設3階の男子トイレで、展示期間中はトイレとしての使用を止めて、誰もがその中に入って作品を体験する仕様とした。
 公衆トイレや浴場、温泉施設などは、性別による入場制限があり、そのような境界線は当然のように社会に張り巡らせれている。それ自体の是非はともかく、自分がその中に入る資格を持たない、もしくは持っていないと思い込むことで、不可視となっている場所は、案外とあらゆるところに広がっている。
 見えているのに見えない、あるいは、はっきりとした境界線を意識していたのに、近づくほどにその境界が曖昧になっていく、そのような体験は誰にでもあるのではないか? 
 会場のコンパルホールの男子トイレには、滅多に見ないほど多数の小便器が整然と並んでいて、それだけでも見ようによってはなんらかのアート作品に見えなくもない。
 その中で、本作のために作られた今井健太郎 (山/完全版)の音と同期して、LED照明の光が絶え間なく変化していく作品。


PRODUCTION MEMBERS

ディレクション/設計・テクスト・プログラミング: 藤本 隆行 (KInsei R&D)
サウンドデザイン:今井 健太郎 (山/完全版)
ヴォイス:
 上村 絵梨子
 ジュリー ペレイラ
 福田 悠歩
 森 裕子
協力:
 カラーキネティクス・ジャパン株式会社
 STAGE CREW NETWORK
 有限会社 タマ・テック・ラボ


展示スケジュール:

2015年
@Oita Compal Hall 3F Men’s toilets
大分コンパルホール3階 男子トイレに設置
18 July ‒ 23 September 2015
10:15-17:45
Admission free

MOVIES

Boundary line you’ve made/できちゃった境界線 (2015)