Kinsei R&D | Fujimoto Takayuki Works

T/IT: 不寛容について | Regarding Intolerance

Performance directed by Fujimoto Takayuki / 2017

Monochrome Circus + Kinsei R&D

PRODUCTION NOTE

Tolerance / Intolerance
 旧人類は 500 万年進化しなかったといわれている。
 そこに現人類が現れ、他の動物の殺戮をはじめた。
 手も知識もが「力」となり、より大きな力を生み出す創意工夫が文明を発展させていく。
 やがてヒトは、「全能な力」を崇拝する。共に祈りを捧げ儀式を執り行うといった連携は、深い絆となり絶大な効力を持ち、ひとつの共同体となる。
 同じ神を信じない者への弾圧は残虐を極めたため他者との共存を図るために「寛容」という概念が生まれなければならなかった。
 そして共同体は、しだいに国家として社会のどの集団よりも上位に位置する権力となり「暴力を独占」していく。
 ヒトは力に執着し、共同体は国家として暴力の正当化を進めた。武器は鈍器なものから鋭利なものへ発達し、そして弾丸となった。
 創発性と残虐性は同根の果実でありわかちがたい。
 でもだからと言って、わたしたちはそれに呑み込まれてしまうのか? 

 

OVERVIEW:

 最先端のメディアとダンスを融合し発表してきた、Monochrome Circusを率いる坂本公成と、Kinsei R&D 藤本隆行によるコラボレーション作品。
 ドラマトゥルクに米国テンプル大学の Shinya B、作曲に元 dumb type の山中透を迎え、国際社会がかかえる問題を「Tolerance/Intolerance 寛容/ 不寛容」という切り口から考察する。
 役者とダンサーが混在する舞台上では、朗々と一人話し続ける男のセリフと、複数のダンサーの動きが交差して、人間の戦いと進歩の歴史を振り返る。
 映像作家である長良將史は、作品中の映像制作を担当すると共に、記録者/カメラマン役として自ら舞台に立ち、ライヴ撮影も行なっている。それらの映像は、予め用意されたものと現場の映像、そして虚実が入り混じり、舞台を構成する重要な要素となっている。


CREATION MEMBERS

Performers:
 田中遊 (正直者の会)/Tanaka Yu (Honest Party)
 長良將史/Nagara Masashi
 Monochrome Circus* (当時/At that time)
 * 森裕子/Mori Yuko, * 小倉笑/Ogura Emi
 * 合田有紀/Goda Yuki, * 野村香子/Nomura Kyoko
Director: 藤本隆行/Fujimoto Takayuki (Kinsei R&D)
Choreography: 坂本公成/Sakamoto Kosei, Monochrome Circus
Music: 山中透 /Yamanaka Toru
Dramaturge: シンヤ B/Shinya B
Script: Fujimoto Takayuki, Shinya B, Tanaka Yu
Video: 長良將史/Nagara Masashi
Lighting, Set Design, Hand Props: Takayuki Fujimoto
Costume: 北村教子/Kitamura Noriko
Stage Carpenter: 池田精堂/Ikeda Seido
Video Operation: 小西小多郎 /Konishi Kotaro
Photography: 金サジ/Kim Sajik, Shinya B
Visualizer Programming: 白木良/Shiraki Ryo
Sound Crew: 四之宮基 /Shinomiya Motoki
Stage Director: 渡川知彦/Watarikawa Tomohiko
English Translation: Taro Nettleton, Shinya B
Flyer Design: 南拓也/Minami Takuya
Document Video Recording: 桜木美幸/Sakuragi Yoshiyuki
Production Manager: 大藪もも/Oyabu Momo
Recorded video editing: Masashi Nagara
Production: Dance & Environment
Co-Production: Kyoto Art Center
Technical support:
 パイフォトニクス株式会社/PiPHOTONICS, INC.
 有限会社 タマ・テック・ラボ/Tama Tech Lab
Supported by:
 The Agency for Cultural Affairs, Government of Japan, in the Fiscal Year 2016

CREATION PROCESS

2017T/IT: 不寛容について | Monochrome Circus + Kinsei R&D京都芸術センター, 京都, 日本

MOVIES

T/IT: Regarding Intolerance 不寛容について Digest (2017)